ファイナンシャルプランナーの資格取得に必要不可欠である”3種の勉強方法”

イラスト入りの分かりやすい教材を使用すべし!

ファイナンシャルプランナーの資格取得のための教材は溢れています。どれを選ぶかによって勉強の仕方が大きく変わるので注意が必要です。その中でも比較的に勉強しやすく、吸収しやすいのが『イラスト入り教材』になります。イラストが入っていれば、イメージで覚えることができるので、必要な知識がどんどん頭に入っていきます。難しい言葉や説明が当たり前のように使われているので覚えづらい印象を与えますが、イラスト1つで簡単に覚えられるので、教材を選ぶ際はイラスト入りのものを探すことが良いでしょう。

勉強したらその分野の問題をすぐに解く

ファイナンシャルプランナーは覚えることが多いので、時間をかける必要があります。ですが、覚えることばかりに力を入れていると、最初に覚えたことが忘れてしまいやすくなってしまいます。ファイナンシャルプランナーは、ややこしいルールや計算式がたくさんあるため、避ける必要があります。その方法として、勉強した内容はすぐに問題を解いて確認することがあげられます。覚えては問題を解くを繰り返すことで、忘れにくくもなるので、自信にもなるでしょう。

最後の追い込みは必ず過去問を解く

ファイナンシャルプランナーを一通り勉強したら、最後の追い込みとして過去問を解く必要があります。目的は2つあり、1つは問題形式の確認、もう1つは覚えていることの最終チェックになります。問題形式を知っておくことで、試験本番解きやすく精神状態にしておくことができます。最終チェックしておくことで、苦手や忘れている部分の確認をすることができます。この過去問を解くことで、場合によっては勉強した覚えのない内容の問題が出ることもあるので必ず触れておくと良いでしょう。

ファイナンシャルプランナーの講座を受ける事によって、専門的な知識を持った講師から対策と傾向を考慮した内容を教えてもらう事が出来ます。