こんな事も!?クレジットカードの審査3選

安定した収入がないと駄目?信用を得る方法

お金を借り入れたり買い物後に支払いができるクレジットカードはとても便利な物です。なので多くの人が持ちたがりますが、クレジットカードには審査があります。この審査は大枠に分けて安定した収入、明確な居住場所、返済能力が見られます。まず安定した収入ですが現代の法律では年収の3分の1までしか借入できないので、そもそも安定した収入がない人はクレジットカードは作りづらい傾向があります。またお金のやり取りは信用の取引にもなるので、収入がない時点で信用はされずらいです。

こっちの方が有利!?居住場所の信用順!

次に明確な居住場所ですが、これはいわゆる夜逃げを防ぐ為です。なので居住場所の場合、基本的には持ち家や社宅が賃貸より有利になります。しかし居住年数が1年未満の場合、例え持ち家でも審査に影響がある事が多いです。これは信用の問題なので、得に理由なき引っ越しは注意が必要です。逆に転勤や家を購入しての引っ越しで1年以内の場合、信用はあるので審査は問題ないです。また居住場所には電話番号も含まれますが、これは返済が滞った時直接返済の話をする為です。なのでこの場合も固定電話の方が携帯電話より有利になります。

貸りた金は返しましょう!返済能力の勧め

最後の返済能力ですが、これは今の給与だけを考慮されるわけではないです。例えば他社からも借入がある場合他社と合わせて返済できるのか、転職したての場合安定した収入は保証されるのかも考慮されます。またいわゆる担保と言われる保証人や物件等、そういった物全て含めてその人には貸した額に見合う返済能力があるのかを問われます。こうして安定した収入、明確な居住場所、返済能力をしっかりと裏づけまでする事が、クレジットカードの大旨の審査です。

クレジットカードの審査を通過することでカードを手に入れることができます。審査基準は収入に関することが中心になります。