引っ越しなどに伴い高校を転校するときには

在学中の学校への手続き

高校を転校しなければならなくなったとき、手続きの仕方がわからないといった方も多いのではないでしょうか。そこで、高校を転校する方法をご紹介します。まず初めにしなければならないのが在学中の高校の出席日数を確認することです。欠席日数が一年間に出席すべき日数の三分の一以内でないと、転校することができない学校が多いので欠席日数を正確に把握しておくことが大切です。そして、学校に転校する旨を連絡すると在籍証明書などの必要書類を用意してもらえます。

条件に合った転校先の高校を探す

希望する高校を見つけたら、定員に空きがあるがどうかを確認し、ない場合は他の学校に変更することになります。編入試験に合格しなければ入れませんので、元の高校と似た偏差値の学校を探すというのも重要になります。また、入学日が特定日なのか随時なのかという点も気をつけなければなりません。多くの場合、学年の始めのみしか受け付けないので引っ越し時期によってはしばらく通えなくなってしまいます。随時入学を受け付けているところもありますので学校に確認しておきましょう。

転校先の高校に連絡を取る

条件に合った学校が見つかったら連絡をして、編入試験の日程や内容を確認します。多くの場合は、編入試験の前に学校見学をする機会を設けてくれるので、学校の様子や生活の仕方を知ることができます。そして、編入試験を受け合格できたら、在籍証明書など元の学校で配布された書類を提出します。元の学校と転校先の学校の間で事務手続きが行われ、受理されれば転校が可能になりますので、早ければ合格の通知がきてから一週間ほどで通学できるようになります。

高校を転校する際には、転入試験を受ける必要があります。それがなければ、高校入試をすり抜ける不正の手段として転校が悪用される危険があるからです。