税理士は資格を取ればいい?!人脈が大切な仕事

定年後も働くことを考えて

最近は高齢化が急速に進み、高齢者よりも少ない若者たちが年金財源を支える形になっています。当然そのような傾向はしばらくの間は変わらないと予測されるために、これから年金をもらおうとする人たちについては、現状の金額を支給されないことも考えられ、ますます自分たちで老後の資金不足分を準備しなければならない状況になってきています。企業でも定年を65歳まで延ばしていますが、今後は70歳までになるとも考えられます。

企業に在籍している最中に準備する

企業に勤めている人は企業が設定している定年になれば退職し、それでも働くのであればアルバイトを探して年金不足をまかなったりしています。そのような定年後も働くことを考えれば、今からのその準備をしておくことも必要です。例えば企業で経理部の人が在籍中に税理士の資格を取得する人もいます。企業に勤務していると多くの人、取引先とも人脈ができる機会も多く、資格と人脈を在籍中に確保しておくことで、退職後も税理士として活用することも可能になります。

税理士業をスムーズにおこなうために

税理士の資格を取得する人も多いですが、取得した後に働くためには依頼を得ることが必要です。依頼がなければ営業をして仕事を取ってくる必要もあります。そういう意味で、企業で働いているうちから人脈を作っておくことが必要で、それにより仕事の依頼だったり紹介が来やすくなります。また税理士業務も法人のみならず個人からの依頼も受けることも多いために、税理士業を行う上で人脈づくりは大切になります。これにより定年後の年金不足の手当については、新たな分野でアルバイトを始めることなく、従前からの慣れた仕事を続けることで得ることができます。

葛飾区の税理士はとても丁寧なので法的手続きも分かりやすく教えてくれます。常に私たちの立場に立って物事を追求してくれるので助かります。